SILENT HILL(サイレントヒル)は怖い!

SILENT HILL の恐怖

SILENT HILL の恐怖■最も怖いホラーゲーム

SILENT HILL(サイレントヒル)は怖い!

SILENT HILL(サイレントヒル)は、コナミ(現コナミデジタルエンタテインメント)から発売された、プレイステーション用のホラーゲーム。

 

2013年7月時点でのシリーズ全世界累計販売本数は840万本。

 

バイオハザード同様に、長く愛されているホラーゲームのひとつです。

 

SILENT HILL-001

 

コナミは、『バイオハザード』が大ヒットしホラーゲームというジャンルが確立されたことで、スティーヴン・キングの小説をゲーム化するというプロジェクトをスタートさせました。

 

ですが、このプロジェクトが諸事情により頓挫し、オリジナルタイトルとして『SILENT HILL』が生まれました。
独自の恐怖演出が色んな場面で工夫されていて、ゲームの世界に引き込まれます。

 

SILENT HILLシリーズ第1作は、アメリカの大手ゲームサイト「GameTrailers.com」の「最も怖いホラーゲーム」というランキングで1位を獲得している。

 

また、SILENT HILLは、ゲームを原作として、2006年にカナダとフランスの合作で映画化もされています。

 

SILENT HILL 映画

 

北米総収入は約4700万ドル(海外は約5000万ドル)。

 

日本でも、2006年7月8日に劇場公開されました。

 

同年にDVD化もされていて、アルティメット・ボックスとプレミアム・エディションが同時発売されています。
2012年10月には、続編として『サイレントヒル: リベレーション3D』が実写映画として公開されました。

 

SILENT HILL リベレーション3D

 

原作は、同じくコナミの『SILENT HILL 3』。

 

SILENT HILL 3

 

日本でも2013年7月に全国ロードショーされました。